トップ > お知らせ一覧 >「あはき等法制定70周年記念の集い」の開催について

「あはき等法制定70周年記念の集い」の開催について

公益社団法人全国病院理学療法協会
会長 平野 五十男

 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(以下、あはき法)が制定されたのが、1947年(昭和22年)12月20日である。
 今年で「あはき法」が制定されて70周年に当たることから、あはき等法推進協議会において、関係7団体(全日本鍼灸マッサージ゙師会・日本鍼灸師会・日本あん摩マッサージ指圧師会・全国病院理学療法協会・東洋療法学校協会、日本盲人会連合・日本理療科教員連盟)の協議により「あはき等法制定70周年記念の集い」を開催することが決議された。
 「あはき等法制定70周年記念の集い」は、東京有明医療大学において、本年11月5日(日)の13時から16時45分の予定で開催され、その内容は第1部が記念式典、第2部が特別講演、第3部に祝宴が企画されている。
 この式典の中では、永年、あはき師の指導育成に尽力すると共に、あはき業務に顕著な功績があったものに対して「厚生労働大臣表彰」が行われることになっている。
 すでに、団体推薦や中央推薦により選出された89名の名簿が、大臣表彰受賞候補者として厚生労働省に提出され、現在、審査が行われているところである。
 特別講演のテーマは「あはき師の過去・現在・未来」~あはき師の今後に期待するもの~で、シンポジウム形式で行われる。
 シンポジウムの座長は、後藤学園理事長の後藤修司氏が務め、シンポジストとして、元参議院議員の阿部正俊氏、元厚生労働大臣で衆議院議員の田村憲久氏、参議院議員の古川俊治氏の3名が予定されている。
 あはき師の今後の展望について、明るい未来を見出すことができるようなシンポジウムになることを期待したい。
 祝宴は、大学内のカフェテラスにおいて15時30分から 開催され、会費は5,000円となっている。
 この「あはき等法制定70周年記念の集い」には、どなたでも出席することができますので、できるだけ多くの方々の参加をお願いいたします。
 なお、不明な点については、各々の所属団体に確認するようにしてください。

以上

PAGETOP