トップ > お知らせ一覧 > 運動療法機能訓練技能講習会について

運動療法機能訓練技能講習会について

 全国病院理学療法協会が実施している運動療法機能訓練技能講習会についてご紹介させていただきます。
 この講習会は、理学療法士以外の理学療法従事者であって、医師の指示の下に運動療法・機能訓練等のリハビリテーション業務に従事している者に対して、知識・技術を習得させるための講習会で、平成4年より毎年実施されております。
 この講習会は、厚生労働省を始め、日本医師会・日本整形外科学会・日本リハビリテーション医学会・日本動器科学会・日本臨床整形外科学会の関係医学会の後援を受けて実施されております。
 受講対象者は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、看護師、准看護師等の免許を有して、病院、診療所等で、医師の指示の下にリハビリテーション業務に従事している者、介護保険施設・有料老人ホーム・老人ケアハウスまたは介護保険に係る支援事業所・サービス事業所、その他の福祉施設などで運動療法・機能回復訓練等の業務に従事している者となっています。
 この講習会を修了した後、認定試験に合格して技能認定登録者として登録を行った場合には、「講習会を受講するとともに、定期的に適切な研修を修了しているマッサージ師等の従事者(中略)」として、また「運動器疾患に係る適切な研修を修了している者」に該当し、運動器リハビリテーション料(1)・(Ⅱ)・(Ⅲ)の施設、並びに脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)・(Ⅲ)の施設における算定要員として、また、通所リハビリテーションの「所定時間1時間以上2時間未満」の算定要員として認められております。
 残念ながら、現段階では、はり師・きゅう師だけの免許所有者は、この講習会を受講しても診療報酬、介護報酬の算定要員として認められておりません。
 本協会では、この講習会を修了したはり師、きゅう師についても、診療報酬・介護報酬の算定要員として認めるよう厚生労働省に要望活動を行っております。
 この講習会は、原則として、土・日・祝日に実施され、開催時間は200時間(1単位 45分)で、講習科目は整形外科や老年医学などの専門基礎科目(6科目)と、理学療法評価や介護などの専門科目(5科目)です。
 今年度は、7月~1月下旬までの予定で、神奈川県と大阪府の2か所で行われており、2月には認定試験が行われます。
 認定試験合格者は技能認定登録制度に登録することになりますが、技能認定登録制度とは、認定試験に合格して登録申請を行ったもの(技能認定登録者)に対して、技能認定登録証、及び技能認定登録手帳を交付し、その後の3年間に指定する学会、講習会等に出席して所定の単位を取得した者について登録更新を行う制度です。
 登録を更新することによって診療報酬・介護報酬の算定要員として従事することが出来ることになっております。
 介護保険施設等で機能訓練指導員の業務に従事している「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の皆さんにも、ぜひ受講していただきたい講習会です。
 なお、詳細については、全国病院理学療法協会のホームページをご覧ください。この講習会について、不明な点があれば、本協会(03―3494-1948)までお問い合わせください。

(公社)全国病院理学療法協会
 会長 平野 五十男

PAGETOP